宇都宮の味噌ラーメンの名店右京、古民家風の店内で頂く完熟味噌ラーメンは野菜たっぷりの絶品ラーメンだった

今日は休日だったということもあり、惰眠を貪っていると気づいた頃には正午を回っていました

 

 

せっかくの休日になんて勿体ないことを!と若干後悔しつつもやはりお腹が空くのでとりあえず着替えてランチを食べに行くことに

 

 

着替えながら何を食べたいかな?と考えるもやはり思い浮かぶのはラーメンばかり

 

 

そしてラーメンが食べたいと決まった頃に、昔よく清原工業団地へ出張に行っていた際に食べていたこちらのラーメン屋

 

画像クリックで拡大

 

 

ラーメン右京を思い出し突入することにしました

 

 

このお店、味噌ラーメンの名店として有名なのですが、開店時間の11時半には既に順番待ちが出来ているほどの人気店となっています

 

 

だがしかし、うちから右京まで行くとなると30kmほどありますし、お昼のピークタイムを過ぎてしまうので逆にワンチャンあるのでは?と思い、物は試し!いそいそと着替えて特攻いたしました

 

スポンサーリンク

宇都宮市ゆいの杜にある味噌ラーメンが有名なお店右京は噂に違わぬ人気ぶりだった

ラーメン右京への来店はかなり久々となります

 

 

以前、鹿沼に勤めていた頃は親会社が清原工業団地にあったので出張検査でよく清原方面へ行っていたのですけどね

 

 

その会社を辞めてからというものの清原方面には縁がなく、久しく足が遠のいておりかれこれ8年ぶりの来店となりますw

 

 

なにせ清原まで行くとなると片道1時間はかかる為、余程時間と気持ちに余裕がないといけない訳で・・

休日でもなければ到底行く気にはなれません

 

 

というかその会社を辞めてから6年ほど愛媛にいたので大半のお店が久しぶりなんですけどねw

 

 

まぁそんな訳で1時間車に揺られながら到着しましたラーメン右京

 

画像クリックで拡大

 

このお店はお昼の営業が14:20までと割と早く締まってしまう為、間に合うのかちょっと心配でしたが、どうにか午後1時半頃に到着することができギリギリ間に合う事ができました

 

 

で す が!

 

 

少し広めで余裕たっぷりのはずの駐車場には既に満車近い状態

 

 

これは嫌な予感がすると入口前に置いてある順番待ち用の用紙を確認しにいくと、意外や意外、4番目と割と直ぐ呼ばれそうな感じでした

 

 

早速順番待ちの紙に名前と車のナンバーを書き(ナンバーを書いておくと車の中で待つことができる)順番待ちの間車の中でのんきにソシャゲをして遊んでいること30分

 

 

まだ呼ばれない(´・ω・`)

 

 

さすがにちょっと遅いなと思い、後何人くらいかなと用紙を見にいくと、

 

 

残り4番目・・だと・・

 

 

まさかの30分過ぎても1人も進んでいない

 

 

若干の焦りを感じつつ車に戻ろうとすると店内から店員さんが出てくる

 

 

(∩´∀`)∩おっ、ようやく進むのかな?

 

 

そんな事を考えている時期が僕にもありました・・

 

 

店員さんが持ってきたのは何と準備中の看板

 

 

まさかこれだけ待っていて食いっぱぐれか!?と内心かなり焦り、店員さんに慌てて確認しにいくとどうやら名前を書いていた人はセーフらしい

 

 

そんな訳で今しばらくお待ちくださいと言われ車に戻ると5分もしない間に呼ばれて無事入店することができました

 

 

そんな訳で店内へ案内されると、まず一番最初に目に飛び込んでくるのは昔ながらの雰囲気のある囲炉裏

 

 

画像クリックで拡大

 

 

お店の中は4人用のテーブル席が6つ、囲炉裏を囲むように座席が4つあるだけのこじんまりとしたお店で、ラーメン屋というよりもちょっとした小料理屋のような雰囲気のお店です

 

 

画像クリックで拡大

 

何というかこのお店の中だけ時間がゆっくり動いているようなそんな感覚に陥るようなそんな店内、ラーメン屋特有の忙しなさというのを感じさせない店内は何処かお客さん達ものんびりしているように感じます

スポンサーリンク

 

 

店内の観察もそこそこに囲炉裏側の席へと案内されると、そこには旅館などで使われるようなお膳の上にメニュー表が

 

画像クリックで拡大

 

 

未だ食べたことの無い醤油ラーメンも少し気になりますが、既にお腹は味噌ラーメンと決まっていたらしくラーメンは完熟味噌ラーメン一択

 

 

以前はこれで十分だったのですが、最近暴飲暴食が祟って若干可食気味、

メタボ街道まっしぐらですがやめられない止まらない

 

 

ラーメンだけではちょっとな・・と思い、思い切って右京おむすびも注文することに

 

 

ここで寝坊した自分を怨むべきか、何と右京おむすび完売

 

 

生産量が少ないのか大人気すぎるのかは分かりませんが遅めの時間では売り切れてしまうこともあるようです

 

 

仕方がないのでサイドメニューに餃子(3個)を注文

 

 

そしてラーメンが出来るまでゆっくりと先ほどやっていたソシャゲを再起動するのでした

 

宇都宮は清原方面の味噌ラーメンの名店右京、完熟味噌ラーメンはボリュームたっぷりなのに飽きの来ない絶品ラーメンだった

注文をして、待つこと10分少々、

 

 

画像クリックで拡大

 

こちら完熟味噌ラーメンと餃子(3個入り)となります

 

 

相変わらずのボリューム、これでもかとばかりに積まれた野菜炒め、見るからに濃厚そうなスープ

 

 

何というか見ただけで「あ、これうまいな」というのが分かります

 

 

しかし、意外な事に見るからに濃厚そうなこのスープ、

 

 

すごく甘いです

 

 

味噌の甘みが野菜の旨味を何倍にも強調しており、濃いめの味付けにも関わらず飲みやすい絶妙なバランスを取っています

 

 

そして麺ですが、

 

 

画像クリックで拡大

 

 

一般的な中太麺ですが、これが恐ろしいほどにスープと絡む

 

 

一口食べると麺の周りにしっかりとスープがコーティングされているかのようなそんな一体感のある味わい

 

 

この麺あってのこのスープ、このスープあってのこの麺といっても過言ではないほどの連携プレイに驚きを隠せません

 

 

そして忘れてはならない野菜炒め

 

 

味噌のコクをたっぷりと吸い込んだ野菜達はうまいの一言

 

 

さらに野菜炒めの中にいる豚バラが妙に香ばしくてより味噌の味を引き立てます

 

 

「麺」「スープ」「野菜炒め」其々がお互いの長所を生かしつつ、かつ相手の邪魔をしない見事な連携

 

 

やはり並んでまで食べに来た価値がある

 

 

ここにさらに「お米」が入ったらやばかったかもしれない

 

 

続いてはサイドメニューとして頼んだ餃子に手を付けたいと思います

 

 

画像クリックで拡大

 

 

 

見た目小ぶりなこの餃子ですが、一口食べてみると独特の感じ

 

 

餃子の皮が厚いのか焼き餃子というよりは水餃子に近いモチモチとした食感でした

 

 

どちらかというと日本の餃子というよりも本場中国の餃子に近いような・・

 

 

しかしラーメンにしても餃子にしても本当にご飯がほしくなる味で、売り切れだった右京おむすびが悔やまれる・・

 

 

次回来店する時にはもう少し早めにこようと決意した今回のランチでした

 

 

※お店の都合により、現在は閉店してしまいました

右京さん長い間お疲れ様です!美味しいラーメンをありがとうございました

 

 

ラーメン右京

・店名   ラーメン右京

・営業時間 11:30~14:20(LO14:10)

・定休日  水曜日

・駐車場  あり

・電話番号 028-670-5522

 

 

スポンサーリンク