1/11上戸祭に新店オープンした「麺のhaco」へ初訪問 魚粉たっぷり超濃厚な煮干しスープに歯ごたえのあるパツパツな細麺のこってり系ラーメン

この日向かった先は以前から行こう行こうと思いつつも

中々行くことが出来なかった期待の新店

 

 

オープンから1週間余りしか経っていないものの、

その美味しさから既にTwitterでも評判となっている様です

 

 

いやぁ、もう完全に出遅れた(;’∀’)

本当はオープン当日に向かいたいと思っていたのですが

母親が骨折したり、自分が風邪でダウンしたりと色々バタバタしてまして

お先に向かった方達のリサーチを見ながら( #` ¬´#) キーーー

ってなっていました(笑

 

 

そんな訳で本日、ようやく向かう事となりました期待の新店

 

 

 

 

「麺のhaco」となります

 

 

こちらのお店、どういったお店なのかというと

 

 

 

 

特徴的なイラストが物語るように、煮干し系のラーメンが売りのお店となっています

 

 

そんな話題の新店ですが、実は一癖ありまして・・

というのも、お店の前に十分なスペースはあるものの

そこは駐車場ではなく、車を停める場所は違う所にあるそうな

 

 

 

 

お店から10mくらい進んだ先の空き地に6台程度の駐車場があります

要注意なのが看板よりも後ろ側のスペースが「麺のhaco」の駐車場

道路沿いのスペースは別となっていますのでご注意ください

 

 

という訳で車も停めて、いざ麺のhacoへ!

 

スポンサーリンク

1/11日、上戸祭に新店オープンした「麺のhaco」 あっさり系とこってり系両方が選べる煮干し系スープ

お店の前まで行くと

どうやらお勧め品かな?

煮干し系スープのラーメンが二種類登場

 

 

 

 

片方は鶏ベースの煮干しスープかぁ

淡麗という名前の通りすごくあっさりとしていそう

 

 

もう片方は超濃厚煮干しスープとな?

名前から察するにこってり系スープとなるのでしょうが、

どうにも「超濃厚」という言葉がひっかかる

 

 

煮干し系と聞いただけで「うわ~濃そうだなぁ」と思うのに、

更に超濃厚って事はどれだけ濃いのだろうか?

興味が尽きぬままお店の中へと入店してみると

 

 

 

 

おぉ!何かラーメン屋ってよりはお蕎麦屋さんっぽい

2人用テーブル席が少々に小上がりのお座敷席

 

 

 

 

収容できる人数は結構ありそうですねぇ

 

 

しかしなんというか・・

こちらのお店、やたらと障子が多いような気が(;’∀’)

何故か天井にまで障子がありますがあれは一体?

 

 

やだ・・何かからくり屋敷っぽくてオラ、なんだかワクワクしてきたぞ

屋根裏に忍者とか潜んでいそう(笑

 

 

一方で肝心のメニューはというと

 

 

 

 

む?ラーメンは先ほどの2種類しかないのかぁ

まだプレオープンって事ですかね?暫くの間はメニューを絞って営業しているようです

サイドメニューの餃子も準備出来次第な様なので今後に期待ですかね

 

 

しかしながら、こってり系とあっさり系で麺を使い分けるなど

結構拘りは強そうな感じです

 

 

透明感のあるすっきり淡麗スープには

滑らか食感を生み出すタマイズミ使用の多加水手揉み麺を、

 

 

正直農家でも何でもないのでタマイズミという小麦がどんな味なのかはよく分かりませんが、

滑らか食感の多加水手揉み麺・・きっともちもちしてて美味しいんだろうなぁ・・

 

 

一方でこってり系の濃厚和風ラーメンはというと、

パツパツとした食感が特徴のユメカオリを使用とのこと

こちらも全く分からないですが、

煮干したっぷりのスープにパツパツの麺、

う~ん、悪くない

 

 

どっちがいいか?と言われるとやっぱり「超濃厚」の言葉が気になるのでこってり系かな?

という訳で今回はこってり系ラーメンの

「栃木県産ユメカオリ使用の濃厚和風ラーメン」にする事にしました

 

スポンサーリンク

 

ニボらー歓喜間違いなし!濃すぎるってレベルじゃないほど超濃厚なドロドロこってり系スープ「濃厚和風ラーメン」

という訳で注文を終えて待っている間、

辺りを見回してみると先ほどのメニューにあった「おかわり玉」についての張り紙が

 

 

 

 

えーと?ただの替え玉だと思っていたら

特製タレと混ぜてそのまま食べるのもあり、か

それはそれで何か面白そうですね

後で頼んでみる事にしましょう

 

 

っとおかわり玉の注文も早くも決まった事で、

 

注文から5分ほどでメインの濃厚和風ラーメンが到着

 

 

 

 

おぉ・・これが噂のラーメンか・・

 

濃厚を通り越して超濃厚なドロドロスープ

さらにただでさえ濃いのに魚粉のトッピング

そして目を見張るのはやはりほぼ生肉なレアチャーシューではないでしょうか?

 

 

 

 

むしろ焼き目を探す方が難しいこちらのレアチャーシュー

何というか、見た目から味は予想ついていたのですが、

ほぼ生ハムです

 

 

生ハムと比べると少しばかり塩気が少ない様な気がしますが、

このプルプルとした食感と凝縮された肉の旨味は生ハムと言っても間違いはないはず

意外や意外、これが意外とスープとあうんですよねぇ

 

 

 

 

とろとろどころかドロドロとも取れる超濃厚なニボスープ

煮干しの旨味とレアチャーの旨味、どっちも強烈なのにどちらも邪魔する事なく

暴力的なまでの旨味がお口の中で暴れまわってたまらんですよ

 

 

それと合わせる麺はと言うと、

 

 

 

 

聞いていた通りパッツパツな極細麺麺の硬さもかなり硬めで、小麦の風味がかなり強いので

個性強めなニボスープにも全然負けない自己主張を放っています

 

 

かなり濃いめでこってりしたラーメンですが、

意外とあっさり食べられるのはトッピングの紫玉ねぎのせいかな?

シャキシャキのスライスオニオンがこってりに包まれた口の中をうまい具合に中和してくれます

 

 

しかしなんだろう?

この食べたことある味は?

煮干しスープの奥底に何処か懐かしい味がするんですよねぇ

 

 

う~ん・・

あ~あれだ!お茶漬け(ぇ

 

 

何かお茶漬けっぽい味がどこかに隠れている!

その正体はというと、恐らくこれ

 

 

 

 

トッピングの五色あられ

何処かで見たことあると思ったらお茶漬けのあれだったかぁ

この微妙なサクサク感、昔懐かしい永谷園の味

正直いろどりや食感のためだけのトッピングだと思っていたのでちょっと驚きです

 

 

と、いう訳であっという間に完食したのでお次はおかわり玉を注文

 

 

 

 

まさかのトッピング付きでした

形は多少変われど先ほどのラーメンとトッピングは同じ

替え玉をするとトッピングがどうしても少ないのでこれはうれしいですね!

 

 

張り紙の案内ではどうやらこのまま混ぜて食べても美味しいらしい

という訳でまぜまぜ

 

 

 

 

うん、何だろう?

茹で麺のはずなのにものすごい口の中の水分が取っていかれる(;’∀’)

ラーメンというより焼きそば?

いや、違う!ビーフン並に喉が渇く

 

 

悪くはないけれどやっぱりスープに漬けて食べた方が好きかなぁ?

なお、こちらの替え玉

残りのスープに投入すると麺がグイグイとスープを吸い上げ無くなったΣ(゚д゚lll)

どんだけ吸い上げるねん・・低下水麺おそるべし・・

 

 

そんな訳で本日は噂の新店「麺のhaco」へ初訪問を果たした訳ですが、

予想以上の濃さ

これは煮干し好きな人にはたまらんお店かもしれませんね

 

 

となるともう一方の淡麗スープも気になるもの

まだお店自体も準備期間中といった感じなので今後が楽しみなお店ではないでしょうか?

 

 

麺のhaco

【住所】

栃木県宇都宮市上戸祭町94ー15

 

【営業時間】

11:00~15:00

 

【定休日】

水曜日

 

 

スポンサーリンク