鹿沼市緑町にひっそりとある中華屋さん栄蘭飯店、ボリューム満点の豚辛し炒め定食に大満足

先日、約10年ぶりくらいにボリューム満点の定食が売りのお店、栄蘭飯店へ突入するも、まさかの定休日

 

 

急遽ラーメンつけめんのお店「菊野屋」で唐揚げ食べ放題定食へチャレンジしたものの、栄蘭飯店の定食を食べるという宿題は未だ達成されておらず

 

 

栃木めし~宇都宮と鹿沼で食べ歩き~

今日は朝から何も食べてなく、午前中はずっと作業しっぱなしだったためお昼を回る頃にはかなりの空腹状態     久しぶりにが…

 

 

いつかリベンジをと心に刻んでいた訳ですが、今日は腹の調子も良さそうですし多少の大盛メニューぐらいならばいけるのではないか?と踏んだので早速挑戦しにいくことに

 

 

画像クリックで拡大

 

 

それがここ、鹿沼市は緑町にひっそりと佇む町の中華屋さん栄蘭飯店です

 

 

いわゆる田舎の中華屋さんらしい少し古ぼけた感じの同店ですが、初めて来店したのは僕が大学を卒業したばかりの10年前ぐらいのこと

会社の上司に近くに頭がおかしいくらいボリュームのある定食屋があると言われ連れていかれたのが初めてです

 

 

そして流石は20代、カレーは飲み物といわんばかりに食べていたあの頃の僕にとってはここのお店のボリュームは大満足

足しげく通っていた訳ですが、会社を辞めてからは暫く愛媛に引っ越していたので来店は本当に久しぶり

 

 

そんな20代の頃の良き思いでが詰まっている同店ですが、30代おっさんとなった今、ここの定食を食べきることは可能なのだろうか・・

そんな一抹の不安を抱えながら同店へと足を運ばせました

 

スポンサーリンク

メニュー全てが大盛り!労働者ご用達のお店栄蘭飯店のデカ盛りメニュー

そんな訳でやってきました栄蘭飯店、

来店時間が正午ということもありお店前の駐車場は既にほぼ満車

 

 

幸い1か所空いていたので車を停めて入店すると現場作業の方らしき若い作業着の方が多く見受けられます

 

 

まさに労働者ご用達の田舎の中華屋といった感じ

 

 

さて、そんなお店の店内はといいますと

 

 

画像クリックで拡大

 

 

これぞ田舎の「THE 定食屋」といった感じの作り

全然変わってないなー

というかですね、

 

 

画像クリックで拡大

 

 

十年前からずっと同じ内容の本日の定食w

最早「本日」を付ける意味があるのか若干疑問に思いつつも何一つ変わっていないお店に少しだけほっこりする

 

 

そんななつかしさに駆られながら本日の昼食を選ぶべくメニューを見て見ると、

 

 

画像クリックで拡大

 

 

やはり10年前から何一つ変わらないメニュー

しいて変わった事があるといえば店名の横にかわいらしいパンダが付いたことくらいでしょうか?

 

 

メニューはといえば中華屋さんらしい定番物が多め

社会人成りたてのあの頃はお金が無くて安くてボリューム満点の五目チャーハンを好んで食べていましたが、今日はご飯という気分でもない

 

 

じゃあラーメンか焼きそばか?と言われても何となく麺類も嫌、どうせなら肉が食べたい

 

 

といってもこのお店、肉系の料理でも中々に品数豊富、

値段的に見るとやはり本日の定食(毎日)ことニラレバ定食か野菜炒め定食かなと思いますが、少し奮発して鶏肉辛し炒め定食なんてのも捨てがたい

 

 

辛し炒めいいですよね!食欲がそそられます

となるとやっぱり鶏肉辛し炒め定食で決定か?と決まりかけた時に僕の目に飛び込んできたのが「豚肉辛し炒め」

 

 

鶏、豚、牛全種類あるみたいですね

 

 

値段的に少し値上がりしてしまいますが辛し炒めと言ったらやっぱり鶏よりも豚だと思うんですよ

鶏の辛し炒めも十分魅力的なのですが、やはり豚の魅力には勝てなかった

 

 

という訳で今日は豚の辛し炒め定食にする事に決定

ライスは食べきる自信がないので半ライスw

 

 

こちらのお店、そのままだと単品だけの注文になるのでご飯がほしい場合は+220円で定食にする必要があります

定食はご飯+スープ+お漬物がついてきて半ライスにすることも可能です(値段はライス単品と変わらないので定食にした方がちょっとだけお得)

 

ボリューム満点、栄蘭飯店の豚肉の辛し炒め定食

そんな訳で豚肉の辛し炒め定食(小盛り)を注文し、出来上がりを待っていると僕の後ろの席の老夫婦の元にあんかけらしきものがかかった焼きそばが運ばれる

 

 

なにあれ・・量が尋常じゃないんだけど・・

 

 

外見から察するに70代ぐらい行っているであろう老夫婦が普通の焼きそばの2倍ぐらいはあるサイズの焼きそばを食べるのか・・

運ばれた老夫婦はというと、さして驚きもせず淡々と平らげていく・・

 

 

僕が70歳になった時に果たしてこれだけの量を食べられるのだろうか?

およそ僕の倍は生きているであろう人生の先輩の驚異的な食欲に驚きつつ待っていると

 

 

画像クリックで拡大

 

 

豚肉の辛し炒め定食(ライス小盛)でございます

スポンサーリンク

 

 

もう一度言います、小 盛 りです

 

 

画像クリックで拡大

 

 

いあ、ほんと小盛ってなんだっけ?

 

 

およそどんぶりで使うような大き目のお茶碗に並々に入っている

場所が場所なら大盛りで出てきそうなこの量が小盛りなんですよ・・

 

 

ちなみに大盛りにすることもできたはずですが、ドラゴンボールに出てくるようなご飯が出てくるのでよほど大食いに自信がある人以外おすすめしないです

 

 

相変わらずのライスの多さに戸惑いながらも、メインとなる豚肉辛し炒めはというと、

 

 

画像クリックで拡大

 

 

画面では伝わらないのが残念なほど香ばしい良い香り

 

 

辛し炒め特有の旨辛い油の香りが食欲をそそる

年頃の男子ならこの香りだけでご飯1杯はいけるはず

 

 

そしてかき分けても中々底が見えないほどの肉、肉、肉

 

量もさることながら圧倒的なのはその肉の比率、7~8割は肉なんじゃないだろうか?

 

 

その肉の味はというと、

 

 

画像クリックで拡大

 

 

一口食べてみると、あれ?何か不思議な感触・・

 

 

素揚げしてるんですかね?食べた瞬間にサクってしてるんですけど柔らかいんですよ

よくよく見ると豚肉の表面にうっすらと衣のような物が見えます

 

 

そしてその衣がタレをたっぷりと吸い込んでくれるので、食べた瞬間口の中一杯に広がる旨辛いタレの味が食欲をかきたてる

 

 

そんなお肉と併せるのはやはりご飯、ここは朝ごはんジャーニーのマーティンに習って

 

 

画像クリックで拡大

 

 

\オ ン ザ ラ イ ス/

 

 

甘辛いタレとカリカリの豚肉のおかげでご飯が進む進む

 

 

本来ならば肉1枚に付きご飯2~3口ぐらいいけますが、幸い豚肉の貯蓄は十分、いっくらでも贅沢に乗せ放題です

 

 

そして箸休め的存在のはずの野菜達も捨てがたい

 

 

画像クリックで拡大

 

 

玉ねぎが妙にぶ厚いような気がするのですが気のせいでしょうか?

厚さもさることながら素揚げされた玉ねぎのシャキシャキ食感がクセになる

 

 

そしてそんな定食の付け合わせとなるのが

 

 

画像クリックで拡大

 

 

こちらのお味噌汁と

 

 

画像クリックで拡大

 

 

お漬物が少々

 

 

前回来た時(10年前)は醤油の味がするスープだったのですがね

お味噌汁に変更したみたいです

 

 

味はというと少し薄味の可もなく不可もなくといった味

 

 

それなりの味だなーと思っていたらそれもそのはず

底面から味噌の塊が・・まさかイン〇タント!?

 

 

とはいえ味付け濃い目の辛し炒めのお供としてはこれぐらいすっきりしたお味噌汁の方が丁度いいんじゃないでしょうか?

 

 

対してお漬物ですが、漬物全般が苦手な僕としては少し厳しい所、

まともにコメントできないと思いますので触れないでおきます

 

 

そんな感じで堪能した鹿沼市緑町の栄蘭飯店、店員さんは変わっていましたが10年前と変わらず高クオリティの料理に舌鼓をしつつ気づけばあっという間になくなるライス

 

 

画像クリックで拡大

 

 

あれだけ多いように見えたライス(小盛り)ですら圧倒的物量の豚肉辛し炒めの前では物足りず、

やはりライス(並)にしておけばよかったかと少し後悔

 

 

けど並にしたらおそらく食べきれないという謎の葛藤をしながら、気づけば豚肉辛し炒めも完食

 

 

物量、味のクオリティともに高レベルの昼食に大満足しながら帰宅しました

 

 

栄蘭飯店

住所:栃木県鹿沼市緑町2丁目1-44

営業時間:11:00~22:00

定休日:木曜日

 

スポンサーリンク