東武宇都宮駅から徒歩1分、炭ときどき薪 椛凛KABARINに初訪問、ハンバーグと呼ぶにはあまりに粗挽きすぎる超粗挽きハンバーグに大満足

今日は所用にて東武宇都宮駅近辺に出没、

以前から行こうと決めていたオリオン通り沿いにある猫カフェに行こうと思うも何と今日は定休日

 

 

そのことをすっかりと忘れていたせいでとんだ無駄足になってしまった訳ですが、そのまま帰るにはあまりに忍びない

 

 

・・そういえば東武宇都宮駅前に以前から気になるお店があるんですよね

 

 

東武宇都宮駅向かい、道路を挟んで反対側に立つこちらのお店、

 

 

画像クリックで拡大

 

 

炭ときどき薪 KABARIN 椛凛でございます

 

 

こちらのお店、お隣のバリサイカフェ同様宇都宮市街地を中心に8店舗も経営している「株式会社チームバリスタ」系列のお店であり、昨年9月9日に開店したばかりの新店となっています(現在2019年10月)

 

 

提供される料理はといえば超が付くほど粗挽きのハンバーグが有名らしく、店外からも炭火で焼く姿が見れるため気にはなっていましたが中々行くチャンスに恵まれず今日まで至ります

 

 

というのも同店は東武駅目の前ということで利便性は良いのですが、電車で行くとなると鹿沼方面からでは行きにくく、

かといって車で行くにも駐車場が無いので自分にとっては中々行きにくい場所でして・・

 

 

そんな訳で今日を逃したら恐らくチャンスはもう無いと思い、急遽予定を変更して突入することにしました

 

 

東武宇都宮駅すぐ目の前、超粗挽きハンバーグが名物の炭ときどき薪 椛凛KABARINで初ランチ

時刻はちょうど正午過ぎ、お店の前へ到着すると既に何名か順番待ちの列が出来ていました

 

 

しかしどうやら前の列の方は同一グループでの来店の模様、実質2番目ということになりますのでそんなに時間はかからないでしょう

 

 

そんな感じで順番待ちに並ぶ事10分、お店の中から店員さんが出てきましたがどうやら座席は一人分しか空いていない模様

僕の前にいた3人組のお客さんに断りを入れた後一人で来ていた僕が先に入店することになりました

 

 

そんな訳で若干前の人に申し訳ないと思いつつも案内に従い店内に入店、

 

 

店内はというとオシャレな外見から予想した通り、内装もものすごくオシャレな感じです

 

 

画像クリックで拡大

 

 

まるでバーのような店内は主にカウンター席で構成されており、カウンター席に沿うように2人用の小さなテーブル席がいくつかあります

 

 

画像クリックで拡大

 

 

予想道りといえばそうですがお客さんはほとんどが女性客、男性はというと女性に連れられて来ているであろう人ばかりで男性単体でいたのは僕一人だけ

 

 

しかしながらカウンターメインのお店という事もあって不思議と居心地の悪さはあまり感じません

外観から男性一人での来店は少し敷居が高い気がしていましたが入ってみると案外気にならないものでした

 

 

というかですね、それよりも気になったのは店員さんの接客です

こちらがびっくりするほど丁寧!

 

 

お店入口「足元段差があるのでご注意ください」⇒一歩進む「もう一段段差がありますのでご注意ください」⇒店内へ「店内狭いのでお気をつけください」⇒座席前にて椅子を引いてまっている⇒座る瞬間に椅子の位置をアシスト

 

 

何このフルエスコート、店員さん英国紳士か何かですかね?いあ、女性しかいないから英国淑女か

 

 

そんな訳で英国淑女(日本人)にフルエスコートされ座席に座ると、「メニューのご説明は致しましょうか?」との提案

 

 

もちろん答えはYes!ランチメニューを細かく解説してくれました

 

 

画像クリックで拡大

 

 

まずランチメニューとなるハンバーグ定食ですが、全て一律¥1,280円(税抜き)での提供

メインとなるハンバーグは1種類、6種類のソースの中から好きな物を選ぶスタイルとなっています

 

 

そしてご飯は白米か日替わりの炊き込みご飯の中からセレクト、この日は栗と舞茸の炊き込みご飯でしたが既に無くなってしまったらしく今日は白米のみの提供となるようです

 

 

残念っ!

 

 

最後に小鉢が付いて一汁六菜のランチメニュー

小鉢の中身についてはちょいちょい変わるみたいですね

 

 

また、食後の締めにご飯にお出汁をかけてお茶漬けにも出来るみたいです(これもまた定期的に変わるみたい)

 

 

そしてもう一つのランチメニューハンバーガーですが、

 

 

画像クリックで拡大

 

 

こちらは3種類のメニューから選択

 

・ブルーチーズバーガー

・京みそバーガー

・ハラペーニョバーガー

 

どれもパティはハンバーグ定食の物と一緒らしく、ドリンクと小鉢が付くようです

 

 

また、¥1,000円でバーガー単品のテイクアウトも出来るみたいなので時間が無い時は電話でお願いしておくのもありかもしれません

 

 

そんな感じで一通り説明して頂いたのですが、どうしようかな・・

ガッツリとハンバーガー定食もいいけれど、ハンバーグとご飯の組み合わせも捨てがたい・・

 

 

まぁ今回は初めてという事もありますし、おすすめのハンバーグ定食にしてみましょうか

 

 

そうと決まればソースの選択ですが、無難なのはチーズハンバーグかデミグラスか卸ポン酢あたりでしょうか?

山わさびというのも捨てがたい・・

 

 

どれをかけても美味しいのは確定的に明らかですが一つだけ味の想像が付かないソースが一品、

 

 

京みそ高菜ハンバーグ定食?

 

 

さっきのハンバーガーにもあったけどハンバーグと味噌ってあうのか?あんまり想像つかないんだけど

 

 

ちょっと気になったので店員さんに聞いてみた所、白味噌を使ったソースで上品で食べやすいとのこと、

ちょっと気になりますし今回はそれでいってみますか

 

 

という訳で今日のランチは京みそ高菜ハンバーグ定食(¥1,280円税抜き)に決定!

 

 

炭ときどき薪 椛凛KABARINの名物、超粗挽きハンバーグ定食を京みそ高菜ソースで食べてみた

そんな訳でランチの注文を終えて料理が提供されるまでの待ち時間をぼーっと店内の様子を眺めていた訳ですが、このお店本当に活気がすごい

スポンサーリンク

 

 

お仕事だからとかそういう感じじゃなくて、何か店員さん自身が楽しんで働いているように見えるのがすごくいい店だなぁと感じます

 

 

まぁ実際のとこはどうなのかはわかりませんがw

 

 

お店のそういった雰囲気のせいか少し暗い店内なのに明るく見えてくるから不思議です

 

 

そんなこんなで待っているとハンバーグ定食が到着、

 

 

画像クリックで拡大

 

 

思っていた以上に和食な雰囲気の漂う定食でした

 

 

メニューといたしましては、

 

・京みそ高菜ハンバーグ

・ごはん(大田原産コシヒカリ)

・味噌汁

・梅干し

・唐揚げ

・茶碗蒸し

・サラダ

・白菜とツナのおかかポン酢和え

・お新香

 

品数の多さもさることながら、そのどれもがご飯のお供になりうる素晴らしい相性

 

 

しかも締めにお茶漬けまであるとか確実にご飯が足りなくなるフラグです

ご飯大盛りにしておけばよかったかな・・

 

 

そしてメインのハンバーグはというと、

 

 

画像クリックで拡大

 

 

ハンバーグに添えられた熔岩石のせいかむっちゃグツグツいってる!

 

 

京味噌のソースも味噌ってよりチーズみたい

 

 

これは期待値が高まりますね、早速箸を入れてみると、

 

 

画像クリックで拡大

 

 

何かもうレアってより生に近くないですか?これ

いあ、むっちゃおいしそうなんですがねw

 

 

注文時にかなりレアなんですけど大丈夫ですか?って聞かれましたがここまでレアだとは・・

 

 

焼き加減は添えられた熔岩石で調整してくださいとのことです

 

 

僕としては大歓迎なのですが、生っぽいのが苦手な人は先に強めに火を通してもらった方がよさそうですね

 

 

熔岩石で少し火を通してみたのですが、失敗すると石にくっついてはがれなくなりますw

 

 

画像クリックで拡大

 

 

(´・ω・`)

 

 

さて、お次はというと、店員さんにお勧めされた茶碗蒸しでも食べてみますか

 

 

画像クリックで拡大

 

 

こちらの茶碗蒸し、中にチーズが入っているという一風変わったアレンジがされているらしく店員さんのお勧めだとか

 

 

さて、どんな味がするのかと食べてみると、

 

 

あれ?チーズ感じない?

 

 

いたって普通の茶碗蒸し、チーズのチの字も見当たらない

おかしいなーと思いもう一口食べてみると、

 

 

チーズいた!!!

 

 

どうやら中層辺りにスライスチーズが入っているみたいですねw

なるほど、これはこれでありですね

 

 

和風な茶碗蒸しですが、チーズと一緒に食べる時だけ洋風な味に変化する

和風と洋風が交互にやってくる感覚は何とも不思議な感覚ですがこれはこれで新鮮ですね

 

 

そんなこんなで一瞬で完食、

次は喉が渇いたのでお味噌汁でも飲みましょうか

 

 

画像クリックで拡大

 

 

お味噌汁はシジミ汁みたいですね

赤だしのお味噌汁は少し控えめな濃さ

 

 

僕の知っているシジミ汁と比べるとかなり薄口ですが、不思議と薄さは感じない上品な味わい

30代おっさんにとっては少し物足りなさを感じますが、女性の方にはむしろ受けそうな味ですね

 

 

そんなこんなで小鉢の品も順調に平らげ残すはご飯だけになると、店員さんがお出汁をもってきてくれていざお茶漬けタイム

 

 

画像クリックで拡大

 

 

少しだけ残した白米に注がれたのは豆乳とコンブ出汁のスープ、そしてその上にはアオサと湯葉の餡をかけて頂いたのですが、いやはやほんとオシャレなお店ですね

 

 

お茶漬けといえば永谷園くらいしか食べたことが無い自分にとっては、こんなお上品なお茶漬けには縁がありませんでしたのでかなり戸惑っています(笑

 

 

さて、肝心のお味はというと、

 

 

見た目道りとってもやさしい味、

口の中でまず感じるのはコンブのうま味、そして後を追いかけるように豆乳のクリーミーな味が追いかけてくる

 

 

そして時たま感じる湯葉とアオサの食感が心地よい

 

 

ご飯一杯残しておいてよかった!本当はもっとガッツリ行きたかったですけれどお茶漬けの為に我慢してよかったです

 

 

そんな訳であっという間に完食した訳ですが、中々にお腹いっぱいになりました

 

 

女性を意識した品数豊富なランチでしたが男性でも結構お腹いっぱいになりますね

 

 

どうやら同店は夜になると炭焼きステーキやチーズフォンデュなど居酒屋メニューも登場するらしいです

ランチも美味しいし店員さんの印象もすごくいいし満足度が高かったので次回は夜の部も挑戦してみたいですね!

 

 

炭ときどき薪 椛凛KABARIN

住所:栃木県宇都宮市西1-1-8

営業時間:11:30~14:00

17:30~24:00

定休日:なし

 

スポンサーリンク

洋食の最新記事8件