激辛ラーメンの噂を聞き大谷街道沿いのお店「ジパング軒」へ初訪問 「旨辛ジパング麺」を神辛目指して辛さを限界まで辛くして頂きました

世間では雪が降るかも!?と言われるだけあってとっても寒いこの日、
体を温めるためにはやっぱり激辛ラーメンだよね♪

 

という事で辛いラーメンが食べたい今日この頃

しかも普通の辛さじゃない、

激辛で食べてみたいという事で調べてみると

 

宇都宮は駒生、宇都宮環状線と大谷街道のぶつかる場所にあるラーメン屋さんで
神辛ラーメンという物があるというじゃないですか

 

 

 

 

という訳でやってきました「ジパング軒」

 

かなり目立つ建物なので以前から存在は知っていましたが、

入るのは初めて

 

 

 

 

看板も超が付くほど目立つので一発で分かるかと思われます(笑

外見の派手さもさることながら、

お店の入り口も中々に遊び心満載

 

 

 

 

( ー`дー´)この扉を開けたら一体何が・・

 

 

何か面白い事でもあるのかな?と少しワクワクして入った所、

ふつーにお出迎え

扉を開けたら何があるのか分からないままカウンター席へと着席するのでした

 

スポンサーリンク

駒生町、宇都宮環状線近くのお店「ジパング軒」 激辛目当てで訪問したけどボリュームもすごかった

さて、激辛ラーメンを頂きに本日訪れた「ジパング軒」ですが、

時刻は11:40分と少し早いのか先客は2~3人のみ

 

 

お店の中の内装はというと、

中央に厨房があり、それを囲うようにカウンター席とボックス席が並んでいます

 

 

 

 

外見といい内装といい結構派手ですよねw

 

 

カウンター席へと通されると、

お店の方から当店のシステムはご存知ですか?

と聞かれたので知らないと答えると軽く説明してくれました

 

 

 

 

なんでもこちらの無料トッピング類がおかわり自由なので

小皿に入れてご自由にお取りくださいとのこと

 

 

青ネギや高菜、揚げ玉など様々なトッピングが取り放題

それにしても豊富なトッピング

全部で9種類あるトッピングは以下の様になっており

 

 

 

 

自分好みにカスタマイズ可能となっております

おかわり自由なのでいくらでも取っていけますが、

小皿が小さいので少しづつしか運べないのが難点でしょうか?

 

 

 

 

とりあえず青ネギとカレー玉と辛し玉?(表にはなかったような・・)

でカスタマイズ

 

 

後はラーメンの味を見てからチョイスするとします

 

んで、肝心のメニューはというと

 

 

 

 

((((;゚Д゚))))わぁお結構なボリューム

 

 

パネマジが無ければ明らかに二郎系くらいのボリュームはありそうなメニューの数々

豚骨醤油味のジパング麺はカスタマイズ可能であり、

野菜の量や麺の硬さ、脂やタレの濃さ、薬味などを自由にカスタマイズすることが可能となっております

 

 

さらに麺大盛りの場合は+50円、特盛にすると+100円と

とってもリーズナブル

 

 

対してまぜそばとつけ麺はというと麺大盛りは無料、

さらにまぜそば系は、トッピングが脂やにんにく、ベビースターなど

二郎系インスパイアな匂いがぷんぷんする仕様となっております

 

 

なお、期間限定ですが二郎系ラーメンもしっかりと存在しており、

 

 

 

 

肉味噌たっぷりな濃厚豚骨味噌ラーメンとなっております

 

 

それでも足りない方にはラーメンセットも存在

 

 

 

 

平日のお昼限定ですが、唐揚げや餃子などがお得に食べる事ができます

(なお、対象時間外は+50円で注文可)

 

 

とりあえず一通りメニューを見回してみたのですが、

噂の「神辛」という文字は見当たらず

 

 

どうしても気になってお店の方に確認をした所、

大分昔に終わった企画だったらしく今はないとのこと(´;ω;`)

 

 

しかしそこは従業員さんの素敵な気遣いで、現メニューの旨辛ジパング麺に辛さマシマシにすれば

神辛に近い味にはなりますと素敵なご提案をしていただきました

 

 

という訳で本日のメニューは旨辛ジパング麺辛さマシマシに決定

 

 

なお、トッピング類ですが写真のボリュームから察するに

下手に増しを選択すると危険な香りがしたので

全てそのまま、ニンニクだけ追加で注文する事となりました

 

スポンサーリンク

 

特別に旨辛ジパング麺を辛さマシマシにして頂き、神辛を再現 見るからにやばそうな唐辛子マシマシの激辛ラーメン

激辛ラーメンを求めて訪れた「ジパング麺」

しかしながら仕入れた情報が古すぎたためか、

企画は既に終了しており食べられずに終わる所を従業員さんの機転により回避

 

 

旨辛ジパング麺を限界まで辛さ増しにすることで

 

「ほぼ神辛」のラーメンを注文する事ができました

 

 

それから15分後、お目当ての激辛ラーメンが到着

 

 

 

 

(; ・`ω・´)グレートですよこいつはァ

 

 

いあ、もやしの上に乗ってる物体の量が半端ないっしょw

もう見た目だけで辛いですわ

 

 

それにボリュームもやばい

器は二郎系ほど大きくはないけれど野菜の量は確実に二郎系クラス

これは無料とはいえ野菜マシにしていたら確実に終わっていた

 

 

しかしまぁどっから手を付けていいものか・・

もやしの上に大量の危険物が乘っているのでそのまま食べる訳にもいかないですし

沈めるにしたって並々にまで注がれたスープが溢れてしまう事が目に見えているし

 

 

しょうがないので横からモヤシほじってスープもちょっと頂きます

 

 

 

 

真っ赤なスープが物語るようにむちゃくちゃ辛いです

ですが、ギリギリむせ返らないレベル

 

 

唐辛子をベースとしたシンプルな辛味ですが、

これが後からじわじわとやってくるタイプでして

最初はいけると思っていましたが、時間が経つ事にずっしりと胃袋に重たくのしかかってきます

 

 

これ以上辛いともう何が何だか分からないレベルになってしまうので

このぐらいの辛さが激辛ラーメンとしては一番美味しいんじゃないでしょうか?

 

 

続いて麺の方ですが、

 

 

 

 

こちらはストレートな中太麺

 

 

上部にそびえ立つ大量のもやしを減らすのに手間取ってしまった為か

麺にもしっかりと辛味が搭載されておりむちゃくちゃ辛い

 

 

もちろん、もやしにも大量の唐辛子が付着していたので激辛

半分くらい食べ終えた所で少し味変をしたくなったので、先ほどの小皿に入れたトッピング類を投入

 

 

 

 

投入したのは

 

・青ネギ

・高菜

・カレー玉

・辛し玉

・追いニンニク

 

これら5品

 

 

( ゚Д゚)追いニンニクを追加した事で匂いがすげぇ

 

 

さらに凄いのはカレー玉

これだけ辛いラーメンなのに、はっきりとカレーを感じる!

流石はカレー、これだけの個性相手でもはっきりと分かるんだね!

 

 

しかしトッピングをしたからといって辛さが和らぐ訳ではなく、

後半になるにつれてガチで辛くなってきた(;’∀’)

 

 

そんな激辛だらけのスープの中で唯一の救いとなったのがこちらのチャーシュー

 

 

 

 

いあ、ほんと何食べても辛いし唯一豚の甘みが癒しスポットですよ(;’∀’)

辛いせいかより豚の脂身が甘く感じる(*´▽`*)

チャーシュー様様ですよ

 

 

ってか神だわ!神豚!

 

 

そんな訳で神豚様の助けも借り、なんとか完食することに成功

ボリュームもあったのでお腹もパンパンですしあったまった(*´▽`*)

 

 

食事を終えて帰るころにはお店の中は大賑わい

ほぼ満席状態になっており、早めに来て正解でした

 

 

ただまぁ・・

大粒の汗をかいたまま外に出たら、余計に寒くて風邪ひきそうになったのはナイショです

 

 

ジパング軒

【住所】

栃木県宇都宮市駒生町834

 

【営業時間】

10:45~0:00

 

【定休日】

年中無休

 

 

スポンサーリンク