鶴田方面、宇都宮環状線沿い、博多系豚骨ラーメンのお店「NOTON」で頂く、辣油の効いたピリリと辛い旨辛豚骨ラーメン「旨辛辣豚」

この日向かった先は宇都宮環状線近くにあるレストラン

前情報によると第三水曜日が定休日らしいのですが、今日は幸い第2水曜日

意気揚々とお店へ向かった訳ですが、

悲しい事に本日休業の立て札が(´;ω;`)

 

 

間違ってないよね!?2月12日は第2水曜日のはず!

カレンダー見てから行ったから間違いないと思うのですが、

悲しきかなまたもやお休みに阻まれてしまい急遽行先を変えて向かった先が

 

 

 

 

博多系豚骨ラーメンのお店「NOTON(のーとん)」です

 

 

もちろん某ウイルスセキュリティソフトではなく、

れっきとしたラーメン屋さんw

 

 

NOTON=濃豚の略でしょう

 

 

のーとんがあるのは宇都宮環状線沿い、鶴田町

 

 

平成通りと鹿沼街道の間ぐらいにあるお店でして、

場所的には宇都宮環状線沿いにあるブックオフの反対側、

ハナミズキカフェの丁度裏側辺りにあります

 

 

お店を訪れたのは12時丁度ごろ、

お昼のランチタイムに差し掛かるころとあってかお客さんはいましたが、

そこまで混んでいる様子は見られず

 

 

とりあえず時間も時間ですし、中に入ってきました

 

スポンサーリンク

鶴田方面宇都宮環状線沿い、ハナミズキカフェの裏側にある博多系豚骨ラーメン店「NOTON(のーとん)」

目星をつけていたお店がまたもやお休みのため急遽

博多系豚骨ラーメン「NOTON(のーとん)」へ訪問する事となった訳ですが、

 

 

 

 

なんだか独特の雰囲気な内装

元工場か何かなんですかね?屋根の鉄骨まで丸見えの吹き抜けとなっております

 

 

なお、おひとり様は基本的にカウンタ―席のようで

お店中央の長テーブルを囲うような感じで座ります

 

 

 

 

そしてメニューですが、

メインのラーメンは5種類のみ

 

 

 

 

豚頭やゲンコツから取り出したクリーミーな旨味が特徴の博多豚骨ラーメン

クラシック濃豚

 

 

低温で揚げたガーリックがクセになる熊本系豚骨ラーメン

ガーリック濃豚

 

 

自家製の食べるラー油でピリ辛に仕上げた

旨辛辣豚(らーとん)

 

 

8種類の魚介粉を加え、特製醤油だれと豚骨スープを合わせたつけ麺

豚骨魚介つけ麺

 

 

そして金曜夜限定、元祖長浜系あっさり豚骨ラーメン

長浜ラーメン

 

 

以上、5種類が提供となっており、

追加料金のトッピングで自分流にカスタマイズする事も可能です

 

 

セットメニューはというとA定食とB定食の2種類、

ごはんと牛乳プリンが共通となっており、

 

A定食⇒半餃子

B定食⇒唐揚げ

 

となっております

なお、+100円にてご飯を明太子ごはんにクラスアップさせる事も可

博多系豚骨ラーメンおなじみの替え玉は+150円ですね

博多系のラーメンらしく麺の硬さも選択可能でして

 

 

 

 

麺は太麺と細麺から選択可能

一般的に博多系のラーメンは細麺だと思いますが太麺って珍しいですね

麺の硬さはふつう~ハリガネとなっており、

太麺はふつうと硬めのみの提供みたいです

 

 

そして博多系ラーメンといえば忘れてはいけない

ニンニクと辛子高菜の無料トッピング!

のーとんではセルフサービスでは無くて申告制みたいですね

 

 

 

 

こちらは一品物とドリンク、デザートのメニュー

 

 

餃子や唐揚げなどラーメン屋らしい品が並びますが、

いわゆるチャーハンのような主役級の一品料理は無い模様

 

 

ただ、面白い事にお子様向け0円メニューなんていうのも

 

 

しかし、これは小学生以下が対象なので、

おひとり様で来た中年のおっさんに食わせるアイスは無いようなので大人しくしとく

というかホールが若い女性の方なので

そんな事言ったら、ごみを見るような冷たい視線を送られそうで耐えられそうにない(;’∀’)

 

 

とりあえずメニューは以上ですが、

初訪問という事もあり、まずはクラシック濃豚かなとも思うのですが、

やっぱり「ピリ辛」という誘惑には勝てないんですよねー

 

 

旨辛辣豚をバリカタで、無料トッピングの刻みニンニクと辛子高菜を付けてのご注文です

 

 

なお、のーとんはラーパス対象点ですので

 

 

栃木のうまいラーメン2020

 

 

こちら付属のラーパスを使用すると、100円のトッピングが1品無料で付けられます

対象となるトッピングは

 

・半熟味玉

スポンサーリンク

・ネギ

・もやし

・揚げニンニク

・岩海苔

・自家製食べるラー油

 

となっており、チャーシューのみ対象外です

んー・・今回は味玉かな

 

スポンサーリンク

 

ピリ辛という言葉に誘われて「旨辛辣豚」を注文 ラーパスの無料トッピングはもちろん味玉

忙しそうに駆け回るホールのお姉さんを捕まえてなんとか注文は成功

 

 

「旨辛辣豚」細麺バリカタ、トッピングで味玉トッピングを伝えると暇になってしまい、

辺りを見回してみると

 

 

 

 

なんと塗り絵を発見

何気にお店のオリジナルw

 

 

子供用のおもちゃや絵本などもありますし、

先ほどの無料アイスといい、

小さいお子さん連れでも来やすいお店みたいですね

(なお、客層はおっさんばかり)

 

 

一方で注文を受けてから提供までのスピードもかなり速いようで、

注文してから僅か2分足らずで到着

 

 

 

 

こちらが旨辛辣豚です

 

 

ん~・・

見た目はあまり辛そうには見えませんね

恐らく中央に見える物体が食べるラー油だと思われますが、

それ以外はこれといって辛味を出してくれそうな物は見当たりません

 

 

しかしながらトッピングの岩海苔が山盛りであることはGood

クリーミーな豚骨スープには岩海苔が良く合いますよね

ここの店主さんよく分かってます

 

 

とりあえず最初はスープから頂いてみると

 

 

 

 

外見からは、博多風の濃厚豚骨スープが連想されましたが、

意外や意外、飲み口はかなりライトな仕上がり

 

 

豚骨らしいコクは感じるものの、

臭みは少なく、かなり飲みやすい豚骨スープとなっております

 

 

んで、肝心の辛さはというと、ドラクエでいうならメラミくらい

辛くない訳ではないけれど、辛党にとっては全くもって物足りず

ここ最近、辛い系の食べ物といえば、

 

栃木めし~宇都宮と鹿沼で食べ歩き~

世間では雪が降るかも!?と言われるだけあってとっても寒いこの日、 体を温めるためにはやっぱり激辛ラーメンだよね♪   と…

 

これとか・・

 

栃木めし~宇都宮と鹿沼で食べ歩き~

ここ最近ラーメンばかり食べているような気がしますが、お陰様でラーメン屋さんの情報も入ってくるようになり、 新店やリニュー…

 

これといった、魔王クラスの相手ばかりをしてきた為か、

僕にとっては何とも物足りない結果となってしまいました

 

 

そして麺の方はというと、

 

 

 

 

今回は細麺のバリカタをチョイスしたので麺はかなり硬め

 

 

なのですが、僕にはちょっと硬すぎたかな

前回、同じく博多系豚骨ラーメンをいただきに「ラーメン万々」へ訪問したのですが、

 

栃木めし~宇都宮と鹿沼で食べ歩き~

何だかここ最近定食類に走っていたせいか、 久しくラーメンを食べていない     毎日のようにラーメンを食べ続けるラオタと…

 

こちらでも同じくバリカタを注文

しかし、この時は麺が少し柔らかめで、もう少し硬くてもいいかなという結論に至ったのですが、

こちらノートンでは逆に麺の硬さが気になってしまって・・

 

 

同じバリカタでもお店によって柔らかかったり硬かったり中々難しい・・

特に極細麺の博多系の細麺は、茹で加減で印象ががらりと変わるから難しいですよね~

 

 

残り半分くらいを残してお次に目を向けたのがこちら

 

 

 

 

博多系豚骨ラーメンではおなじみの辛子高菜と刻みニンニク

これでメラミがメラゾーマくらいになってくれたらいいのですが・・

 

 

 

 

これでもかとたっぷり入れて辛さ注入

辛さの方はというと、やっぱりメラミだった(;’∀’)

ただ、高菜の味がスープに溶けて、より美味しくなりましたねw

 

 

辛さとしてはどうしても望む辛さには到達できませんでしたが、

豚骨スープ自体はクリーミーで結構好きな味

 

 

でもって、高菜をたっぷり入れた後の今の味ならば麺で食べるよりも

 

 

 

 

むしろご飯の方が合うと思うんですよ!

残ったスープも具材も全部ごちゃごちゃにかき混ぜて

 

 

 

 

うまそうじゃないですか?

 

 

豚骨のクリーミーさも、ラー油のピリ辛も、

海苔や高菜のシャキシャキ具合など、全部ごちゃまぜにして頂いた締めのライス

案の定僕の予想は的中で、麺で食べるよりこっちの方が好きな味でした

 

 

濃厚豚骨NOTON(のーとん)

【住所】

〒320-0851 栃木県宇都宮市鶴田町1244−1

 

【営業時間】

11:30~14:30

17:30~21:00

 

【定休日】

年中無休 


 

スポンサーリンク